職場環境の悪いブラック企業は避けよう

女性の転職においてとても気になる事の一つに転職先がブラック企業であるかどうか、ですよね。
労働環境の良いホワイト企業と比較して職場環境の悪い対象としてブラック企業という呼称が広く浸透してきました。
できればブラック企業は避けたいものですよね。
そこで今回はブラックな企業の見分け方について紹介していきたいと思います。

ブラック企業の見分け方

まずは求人情報の確認です。
ブラック企業の場合、労働環境が悪いため人の出入りが激しい場合が多いです。
そのため転職サイトやハローワークでも常に求人を出している場合は要注意です。
他には情報サイトを使って社員のクチコミ情報を調べるといいでしょう。
今現在勤めている社員や過去に勤めていた社員が書いている情報サイトは非常に信憑性が高いです。
また、面接時の質問がいい加減だったり、面接で悪い事は言わずにいい事しか言わなかったり、求人票と面接時の条件が違う場合も注意が必要でしょう。
パワハラ・モラハラが当たり前だったり、残業代が出なかったり、就労条件の悪いブラックなところは是非とも回避したいところです。
転職に失敗しないためにもこういったブラックな企業に関する情報はしっかりと収集しておきたいですね。