職務経歴書と履歴書の違い

さて、これから転職しよう!そんなときに準備しなければいけないのは職務経歴書。
似たようなものに履歴書がありますが、職務経歴書と履歴書の違いとはいったいなんでしょうか?
この二つの違いは、簡単に言うと履歴書は「内定後に保管する書類」、職務経歴書は「書類選考時に使う書類」です。
そうです、採用担当者の人は前者よりも後者の経歴書を見て判断する人が多いのです。
転職希望先の書類選考を通過するためには面接官に自己PRできる経歴書が大事になってくるわけです。
ただしだからといって履歴書で手を抜いていいことにはなりません。
書類選考には使われませんが、顔写真や職歴が記載されている履歴書は第一印象を決定づけるものでもあるため できるだけ完璧なものに仕上げましょう。

職務経歴書と履歴書の注意点

さて、この二つの注意点としてあげられる事があります。
履歴書は名前や学歴職歴などの決まった内容を「正確に」伝えることが重要になってきます。
それに対して経歴書は「書類選考に通るための内容」を書くことが重要になります。
つまり応募者のやる気だったり長所だったりという自己PRを最大限に発揮する場というわけです。
女性の転職を成功させるためにも重要な二つの書類の違い、わかっていただけたでしょうか?